So-net無料ブログ作成

1974年 キリンシーグラム ロバートブラウン 岡本太郎 [1970年代 人物モノ]


BGM♪ 岡本太郎先生の製作の様子が映される。その様子にかぶせて太郎先生ご自身の声がかぶる。岡本太郎:「顔は瞬間瞬間の発見だ、どんなものにも顔がある、グラスの底に顔があったっていいじゃないか 岡本太郎」 
顔のグラスにウィスキーが入り、太郎先生がグラスの底を眺める。商品カット。オブジェの前で太郎先生が乾杯を取っている。
Na(広川太一郎):岡本太郎の顔のグラス、新作、今一本に一個ついています。ロバートブラウン。」
岡本太郎:「顔はいつでも新しい」

ついに出ました顔のグラスです。アイドルモノのCMが好きでない僕が、ではどういうCMを集めているのかといえば、食べ物のCMとこういうアイドルではない味のある芸能人(岡本先生は芸術家だけど)のCMだったりします。岡本太郎はその中の一人ですね。あとは柳生博とか黒柳徹子とかあとキンキンこと愛川欣也も集めてるな。どういう趣味だ、僕。

これはずっと捜し求めていたCM。僕の彼女は岡本太郎というとこのCMを思い出して、この顔をメモに書き出すという変質狂ですが、なるほどすごいインパクトですね。これが一本に一個っていうのは贅沢じゃないのか?僕も欲しい!と思っていたらなんと今でもヤフオクとかで売られているんですね。買っちゃおうかな。

今回CMについてのキャプションを書いていてこれほど歯がゆい思いをしたのは初めてです。というのは、岡本先生の声が本当にかっこいいんです。音楽が前半は緊張感、後半が安堵感みたいなもの表現しているんですが、その間で一回音楽が消えるんですよ。この消えた瞬間に、太郎先生の稀代の名台詞「グラスの底に顔があったっていいじゃないか 岡本太郎」が入るんですよ。
この人の魅力は言葉の一つ一つが下手なコピーライター顔負けの力強いコピーそのものだって言うところなんですよね。「田村でも金、谷でも金」がかすんで見えるほどの力強さですよ。しかも「岡本太郎。」って言って着けているところがすごい。このCMで岡本太郎先生の魅力のすべてがつまびらかになるといっても過言ではないでしょう。

さらに注目したいのが70年代のキリン商品のナレーションの多くを手がけていた広川太一郎。この人は吹き替えばかりが注目されるけど、こういうときにそつなく、でも存在感をしっかりと示すいいナレーションをするんですよね。いい展開の音楽、すばらしいコピー、インパクトのある出演者、しっかりとしたナレーションのすべてが兼ね備わっている完璧な一本です。ノベルティ告知のCMでこれ以上のクオリティのものには未だに僕は出会っていません。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 5

NO NAME

カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂
by NO NAME (2005-12-09 16:34) 

grand-age

(^^;)ども
そういや最近は文明堂のCMってTVKでしかみないなあ。そんなこと思い出しました。しかし日記に関係ないコメントだなw
by grand-age (2005-12-09 17:04) 

porepore

このCMのインパクトはすごかった。当時小学生でしたが、同年
代の人で、この岡本太郎のマネをしなかった人はいないんじゃ
ないかな?
このCMのおかげで、私は岡本太郎の作品は爆発してるのかと
思ってたんですよ。太い線でびゅー、とか、色をべちゃー、とか。
だけど、最近、岡本太郎記念館に行って、初めて作品を見たん
ですよ。そしたら、線とかものすごく繊細。華奢な線と繊細な配
色を重ねた上で、ズドーンってな存在感を出してる。浮世離れし
てる印象があって、テレビとかで色もの扱いされることが多かっ
たけど、本人も実はすごくナイーブな人だったのかな。ちょっと
驚きでした。
by porepore (2005-12-10 16:22) 

grand-age

どもども。岡本先生の魅力は個人的にはこの分かりやすいインパクトだったんだと思うんですよね。それは本文にも書いたけれどすごくコピー的で、センセーショナルな外見ですから、当然小学生も真似するでしょうし、それなりのステレオタイプみたいなものは形成されつつあったんでしょうね。
岡本先生は実はそこのところよくわかってテレビに出演してたんじゃないかな、という気がしますよ。いわゆるプロってやつですかね。

ただ、この後80年代になってマクセル社のCMに出たり、ダスキンのCMにでたり、明光商会のCMに出たりするわけですが、そういったCMの中のどれよりも、このCMは岡本先生とその芸術に対して真摯なつくりをしている気はしますね。
「イロモノ」に岡本先生を仕立てていないって言うか。でもそういう中でも生まれたこの名コピーをかみ締めるたびにやっぱり岡本太郎は本物の芸術家だなあと重ね重ね感心するんですよね僕は。
by grand-age (2005-12-10 16:32) 

suganokei

わたしも底に顔のあるグラスほしいです。
by suganokei (2007-12-23 16:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。